森山大道の東京 ongoing

Elmar35mmBW021

風は強かったものの、思ったより早く雨がやんだので、週末は思い切って写真美術館へでかけました。目的は森山大道氏の国内初となる個展「森山大道の東京 ongoing」です。展示内容などについては、デジカメWatchのレポート「森山大道の東京 ongoing」・「写真とファッション 90年代以降の関係性を探る」展が簡潔にして的確にまとめているので、そちらを参照してください。

個人的に、森山氏は国内外の若手写真作家や愛好者から半ば神格化されていると言ってもよいほど熱狂的な支持を受けつつ、同時に自分と同世代やそれ以上の年齢層からは時として冷ややかに、あるいは意識して言及を避けるかのように扱われる、極端な両面性を帯びた人物でした。
特に新宿界隈でストリートフォトを愛好するなら、決して避けては通れない人物であり、またイベントなどはもちろんギャラリーなどで対面することも稀ではありません。そのため、日本写真史に名を刻む人物でありながらも、その影は日常の中に写っては消えてゆく、どこか身近な存在でもありました。

さておき、そんな思いをいだきつつ会場へ向かったのですが、まず最初に観たのは氏の代表作である「三沢の犬」や「Lips」よりセレクトされた作品でした。いずれも壁面いっぱいにまで引き伸ばされており、率直なところ「こんなに大きな作品だったっけ?」との違和感や、またあまりにもオサレなインスタレーションに「あぁあ、森山大道もすっかりアート作家になっちゃった」といった、あたかも老大家が過去の代表作にあぐらをかいているかのような、なんともしょんぼりした気持ちに襲われたのです。

ところが、続く展示室へ入った瞬間、そんな気持ちは吹き飛ばされました。

柔軟な好奇心のおもむくまま、都市を軽やかに撮り続けてきたまなざしの確かさ、シャッタを切る身体のキレが明らかで、また個々の作品が発する印象の積み重ねが全体としての時代性、批評性をもたらす構成の見事さまで、なにもかもが神話的存在としての森山大道そのままだったのです。

まぁ、最初の展示室で失望の奥底から下卑た期待感を、それは老いて時代から取り残されしもののあがきへのそれを覚えなかったかといえば、それはまったくの嘘となってしまいますが、それでも大半が近作であるキレッキレのストリートフォトを心ゆくまで堪能できたのですから、それにまさるものはありません。

ストリートフォトに関心を持つ人はもちろん、そうでない人にも強くおすすめしたい展示です。
会期は9月22日までですが、予断を許さない情勢でもあり、できるだけ早い機会に会場へ足を運ぶようおすすめします。