薈田純一「SESSHU GARDENS」と 遠藤晶写真展「照りつける光の中で」、マヌエル・ファン・ダイク「SPIKE」そして伊藤昭一写真展「迷鳥」

Z40mm_0202

久々にまとまった時間が取れたので、新宿の写真ギャラリーをはしごした。
お目当てはRED Photo Galleryの薈田純一写真展「SESSHU GARDENS」で、タイトルそのままに雪舟が作庭したと伝えられる庭園を撮影したものだ。
展示内容については作家コメントを参照していただくとして、固定された立ち位置から撮影された画像を重ねて庭園の全体を浮かび上がらせた作品は、作家の視線や興味をたどる謎解きめいた楽しみもあり、あたかもダン・ブラウンの小説を読むかのような楽しみを覚えた。

次に訪れたのはアイデムフォトギャラリー「シリウス」で、遠藤晶写真展「照りつける光の中で」を鑑賞した。展示内容についてはオフィシャルブログの解説が簡潔にして的を得ているので、そちらを参照してください。こちらも展示タイトルが作品の主題を明確に示しており、西海岸の空気感と同時に1950~60年代のアメリカ写真がまとっていたアウラのようななにかをさり気なく取り入れていた。

さらに進んで、新宿三丁目のサードディストリクトギャラリーでは、マヌエル・ファン・ダイク氏の「SPIKE」を鑑賞している。こちらも展示内容については作家コメントを参照していただくとして、撮影とセンスの両面で非常に上手いストリートフォトがならんでおり、なんどもうならされた。また、かつて(いや、いまでも?)新宿が日本を代表する写真家たちの特異点だった時代がはらんでいた濃厚な香りを、そこはかとなく漂わせているところも心憎い、とても素晴らしい展示だった。

最後になったが、蒼穹舎ギャラリーの伊藤昭一写真展「迷鳥」も鑑賞させていただいている。展示されていたのは海辺の風景をとらえた作品で、水平構図のほぼ中央に道のようななにかがある情景が多く、やや単調でもあったが、それは作家の心象であったり、展示のリズムを刻んでいるのだろう。

いずれもおすすめの展示なので、ぜひ足を運んでいただきたい。