ソール・ライター写真展”Saul Leiter – Lanesville, 1958″と「永遠のソール・ライター」展

アメリカの写真家で画家でもあるソール・ライターの作品展が渋谷と銀座で開催されたので、鑑賞してきました。展示内容などについては、以下のリンクを参照してください。特に「永遠のソール・ライター」解説ページは作家の略歴や評価が要領よくまとめられていて、さらに作家自身の言葉やキュレーターのコラムなど掲載されているので、とてもおすすめです。

ソール・ライター写真展”Saul Leiter – Lanesville, 1958″

永遠のソール・ライター

肝心の展示ですが、ライカギャラリー東京ではカラー撮影されたヌードを展示しており、渋谷Bunkamuraでは小サイズプリントやコンタクト(ネガを印画紙に並べてプリントしたもので、どのカットを引き伸ばすか検討するために作成しました。デジタルデータでいうプレビューやサムネイルのような位置づけです)、ドローイングなども展示し、総合的に作家を理解させようとしていました。
ライカギャラリー東京はライカ銀座店に併設されたショップギャラリーで、展示空間そのものはこじんまりとしています。ただ、高級ブランドショップがひしめく銀座六丁目のロケーションや、ライカ銀座店の落ち着いた雰囲気をたっぷり味わいながら2階へ上り、プリントラボやサービスカウンタを横目にたどり着くので、作品と向き合う前から鑑賞体験は始まっているように感じました。
作品については、どちらも「ソール・ライター風」と呼ばれる縦位置のやや甘い描写、そして印象的な色彩をワンポイント配置する構成の作品が中心で、夢見がちな雰囲気を感じさせます。ライカギャラリー東京では、そのような縦位置作品のみを展示していましたが、先述のようにBunkamuraでは小サイズプリントやコンタクトも展示していたほか、モノクロのポートレートやヌード、セルフポートレート、もちろん横位置作品も展示していました。

この「ソール・ライター風」と呼ばれる縦位置のやや甘い描写については、望遠レンズによる圧縮効果も指摘されています。具体的には、以下の7 Lessons Saul Leiterで解説されているようなものです。ただ、最後にリンクを張っているソール・ライター財団の動画でも強調されているように、ライカでのストリートフォトというイメージが流布しているため、望遠レンズについては違和感が残っていました。
詳細説明は避けますが、ライカなどの距離系連動型カメラでは望遠レンズが使いにくく、基本的に135mmが限界とされています。しかし、ソール・ライターはそれ以上の150mmレンズを使っていたと明言しているため、好事家の間ではカメラやレンズの推理が盛り上がったりもしました。

7 Lessons Saul Leiter Has Taught Me About Street Photography

7 Lessons Saul Leiter Has Taught Me About Street Photography

とはいえ、以下の記事でも紹介されているように、ソール・ライターはデジカメも含めた数多くの(20台以上もの)カメラを保有、使用しており、その中には一眼レフも含まれています。

1-ソール・ライターを探しに ニューヨーク写真旅

1.ソール・ライターを探しに ニューヨーク写真旅

実際、ソール・ライター財団の動画では東独製の一眼レフHEXACON(コンタックスSのブランド違い)を構えたセルフポートレートも映されていますから、少なくとも1950年代には一眼レフも使っていたでしょう。レンズはキルフィットのキラー(KILAR 150mm/f3.5)やメイヤーオプティック・ゴルリッツのテレメゴール(TELEMEGOR 150mm/f5.5)など使用可能で、どちらも軟調描写でソール・ライターの作風と調和するように思います。

カメヲタ話はさておき、縦位置でカラーフィルムや望遠レンズを使った作品は、同時代のストリートフォトと一線を画す、どちらかといえばファッションフォトのような撮影姿勢といえます。そして、それらがもたらす作画効果によって、同時代のストリートフォトとは全く異なる、ソール・ライターの作品世界を構築したのはまちがいないでしょう。

いずれにしても、非常に興味深い展示なので、ぜひ会場へ足を運んでください。