ライカRマウント マイクロフォーサーズ マウントアダプタ(中国製)

中国製のライカRマウント(ライカフレックスマウント)レンズアダプタマイクロフォーサーズボディ用を購入しました。

アダプタそのものを説明する前に、まずライカRマウント(ライカフレックスマウント)についてごく簡単に説明します。ライカの銀塩一眼レフカメラは(ミラーレスカメラやレンジファインダーカメラは一眼レフカメラと異なります)、ライカR(ライカフレックス)を採用しています。このマウントはライカフレックス用に開発され多少の改良を経て、ライカRシステムへ引き継がれました。ライカRシステムでも大きな変更が加わった結果、物理的に装着不能な組み合わせも存在しますが、それでも「多くの互換性がある」ため、いちおうひとつのマウントとされています。

詳しくはこちらのサイトをご覧ください。かなり複雑な有様であることが、よくご理解いただけると思います。

ライカRレンズの攻略方法

さて、このアダプタにおけるライカRマウントとは、いったいどの時期のどのようなマウントなのかという問題ですが、それはライカフレックスが採用していた最初期のマウントから連動カムを取り除いたようなものでした。つまり、マウントにカメラボディとの物理的、電気的な情報交換部はありません。
要するに、このアダプタは単なる金属のリングで、可動部もレンズマウントのストッパがあるだけです。また、ライカフレックスには装着できないRおよびROMタイプレンズについては、確認できませんでした(おそらく装着不能と思います)。

このように、仕組みとしてはシンプルなので、製品の質を左右するのは剛性や可動部の滑らかさ、加工精度となります。その点、このアダプタは中国製らしいつくりで、ボディとの着脱はがっちりしていますが、レンズ側には多少のカタツキが感じられました。
ただ、他社のもっと高価で精度も高そうなアダプターでも多少のカタツキが感じられたので、もしかしたらマウントの構造的な問題か、あるいはレンズ種別との相性問題かもしれません。
マイクロフォーサーズ規格ですと、素子サイズの関係からレンズの実効焦点距離が2倍となってしまうため、銀塩時代やフルサイズセンサー用のレンズは使いにくく感じるところがあるかもしれません。しかし、考えようによっては標準から中望遠域のレンズが軽量小型の望遠レンズとして使えるので、機材をコンパクトに収められるかもしれません。しかも、レンズの開放値は変わらないので、手軽に大口径望遠レンズを楽しめるとも言えます。

ベガ Vega-7 C-mount Вега-7Э 20mm f2.0 Cマウント

NikonV1_0380
NikonV1_0360
NikonV1_0368
素子サイズが1インチで16ミリ映画用レンズの撮影に適しているニコン1に、マウントアダプタを介してソビエトのCマウントシネレンズ、ベガ(20mm/f2.0)を装着、撮影しました。

このベガ(Vega-7/Вега-7Э)にはCマウントとは別に、キエフ16U(Kiev-16U/Киев-16У)カメラ用にスピゴットマウントとなった(Vega-7/Вега-7)が存在しています。光学系は同一ですが、鏡胴は全く異なります。
スピゴットマウントバージョンはかなり薄く、またCマウントバージョンのフィルター径が35.5mmなのに対して、スピゴットマウントバージョンは52mmとかなり太く、外観からの識別は容易です。またCマウントバージョンは、名称の末尾にЭが付与されていますが、ローマンアルファベットには相当する文字がないため、しばしばベガ73と表記されています。

またソビエトレンズの例にもれず、このベガもコピーの噂があり、具体的にはツァイスのテヴィドン(Tevidon)やチェコのメオプタ社(Meopta)が開発したオペナー(Openar)がベースになっているとされています。いちおう、メオプタのオペナーは20mm/f1.8でスペックが近く、フードが組み込まれた外観は似ていますが、画像のボケ味や色味など描写傾向はあまり似ていません。ツァイスのテヴィドンはスペックも外観も異なっており、画像もあまり似ていません。興味深いことに、テヴィドンとオペナーはボケ味や色味も近いようで、このふたつは似た傾向があるように感じます。
いずれにせよ、レンズの群構成や開発経緯を確認しないと、根拠のない噂としか言いようがないですね。

ソ連時代のレンズには驚くほど大量に生産されたものがいくつかありますけど、このベガもそのひとつのようです。しかも、ソ連解体後のデジタル化に伴って16ミリシネカメラが大量に放出されたため、数年前までは呆れるような価格で投げ売りされていました。その傾向はマイクロフォーサーズカメラなどでのCマウント再評価が始まってもさほど変わらなかったのですが、流石に在庫が底をついたのか、この数年は中国製のCマウントレンズより多少高値で取引されているようです。

さて、本題のベガ(20mm/f2.0)ですが、このレンズは以下のような4群5枚構成とのことです。

構成図

絞り羽根は6枚ですが、やや変わった形をしています。絞ると星型ボケのインダスター61L/3-MS(Индустар-61 Л/З-МС)とにたような形となりますが、星型ボケは確認できませんでした。
鏡胴の前半分はビルトインフードになっていて、その外側は絞り環になっています。絞りはクリックレスで、最小値は16です。このレンズはフィルター径が35.5ミリとやや特殊なので、日本だとレンズキャップやフィルターの入手に苦労するかもしれません。ただ、ソビエトレンズおなじみのケースやフィルタと言ったアクセサリがセットで売られていることも多いので、買うときに注意すればそれほど困らないのではないかと思います。
とは言え、先述のようにビルトインフードがあるため、たいていの外付けフードはけられます。それどころか、フィルターも枠が厚いものはけられる可能性があるため、活用する機会は少ないでしょう。
最短撮影距離は40cmなので長くはありませんが、短いと誇るほどでもないでしょう。

このレンズは16ミリシネ用なので、マイクロフォーサーズでもイメージサークルは不足します。下の画像をご覧いただければ一目瞭然ですが、かなりはっきりと丸くけられています。

PenF_255
PenF_243
もちろん1インチ素子のニコン1なら全く問題はありませんが、生産が終わっている上に電子チップ付アダプタを調達しないとフルマニュアル操作になってISO可変も効かなくなるので、なかなか悩ましいところです。トップには1インチ素子のニコン1V1で撮影した画像を掲載したので、参考にしてください。

描写は懐かしいというかフィルム的というか、特にニコン1ではぼってりとリッチな雰囲気です。また、点光源や逆光時のゴーストやフレアは凄まじく、半逆光でも多少フレアがかったようなにじみが見受けられます。

ボケはぐるぐる傾向があり、背景を整理しないとうるさく感じますが、この辺は味わいと取る人もいるでしょう。

PenF_236
多少は価格も上がってきたと言え、まだまだ気軽に見つかります。ソビエトのCマウントレンズとしては最安値に近く、独特の世界を手軽に楽しめる1本だと思います。