YouPicという写真SNS

YouPicトップ画面

YouPicという写真SNSはご存知ですか?
なぜか最近になって(昨年後半から今年はじめにかけて)ソーシャルメディアなどで見聞きするようになったサービスで、いちおうスウェーデン発とされています。YouPicはおしゃれっぽい写真SNSという触れ込みのためか、インスタグラムと比較されることも少なくないようですが、決定的な相違点があります。
それは画像に閲覧制限をかけられることで、それによって裸体表現の公開が可能となっています。
その他にも記事エントリの公表が可能だったり、写真技術に関する教育コースが用意されていたりと、顕著な特徴をいくつも備えたサービスと言えます。ただし、無料登録では初期登録時を除いて12時間毎に1エントリしか画像や記事をアップできないため、無課金でバンバンRAV/RTを稼ぎたい人にとっては、さほど魅力がないかもしれません。
また、ブラウザの機能などで日本語の表示もあり、基本的な操作には不自由しませんが、記事などは英語のみのサービスです。ハッシュタグも、補助記号を含まないアルファベットのみが効果を持つと考えて良いでしょう。その意味では、日本人にとっていささか敷居が高いサービスかも知れません。
それでは、最近の噂や運営者のインタビュー記事などを紹介しつつ、サービス内容を簡単に説明しましょう。

勧誘の噂

なぜ「最近」になって名前を見かける用意なったのかと言うと、どうやら自社以外のソーシャルメディアなどを通じて登録者を増やすための勧誘活動が活発化したためのようです。
下の記事でも勧誘されたことが登録のきっかけと書かれています。

YouPic始めてみた/インスタと違うところ|ひらぱ〜|note(ノート)

また、英語圏の写真フォーラムなどでも「YouPic勧誘されたけど、なんなん?」的なトピックが目に付きますし、最近は大物写真家のスティーブ・マッカリーが勧誘を受けてアカウントを開設したとのアナウンスも流れました。

Steve McCurry(YouPicアカウント)

これらを総合するとYouPicスタッフはかなり活発に勧誘活動を展開しており、世界トップクラスの大物写真家へのアプローチも行われているのは間違いないと言えましょう。

最高経営責任者のインタビュー記事

となると、ごく最近に運営を開始した新規サービスかのように思われますけど、実は2015頃からスウェーデンのイェーテボリで活動していたという、それなりの実績を持つサービスだったりします。以下にYouPicの資金調達成功を受けてCEOのNavid Razazi氏に行われたビジネスメディアのインタビュー記事へのリンクを張っておきます。

Photo enthusiast community YouPic lands €500K to fuel its ambitious growth plans

インタビューにおいて興味深かったのはNavid Razazi氏が写真関連の教育に力点を置くと明言したことで、実際にYouPicでも写真の基礎知識などに関する教育プログラムが提供されています。また後述するように、サービス内ではゲーミフィケーションめいた登録者の行動を導く仕組みがいくつもあり、そこらへんも教育に力点をおいていることを反映しているのかなぁと思いました。

サービス内容

さて、実際のサービスはどのようなものかと言うと、トップ画面はこのような感じです。

YouPicトップ画面

ブラウザで閲覧すると3カラム表示ですが、スマホ用アプリはセンターのタイムラインのみが表示されます。左カラムはアカウント情報ですが、アイコン下の炎カウンターはMystery Fireとのことですが、公式の説明もこんな調子 Mystery Fire なので、正直なところ意味不明です。
話を戻すと、基本的にトップは投稿された写真を閲覧するための場所で、ソーシャルメディアにはありがちなフォローやフォロワーのカウンターもありませんし(カウンターはプロフィールページにある)、投稿ボタンもページトップのリボン部に収まっています。そのため、右カラムのスポットライト写真やフォローサジェストがよく目立ち、太い動線を形成していると言えましょう。
このスポットライトは、後述する受賞ラベルとの相乗効果で、単なる運営ピックアップより大きな意味を持つように感じます。

こちらがアカウントの被閲覧状況などを示すステータス画面ですが、興味深いの受賞ラベルとフィードバックの項目です。まず受賞ラベルですが、ご覧の通り撮影した国の数だの獲得ファボの総数だのでラベル表示が解除されるという、なんだかソシャゲみたいなギミックです。
次に下部のフィードバックグラフは、投稿画像の構成やクリエイティビティなどを他のアカウントが評価できるので、それらの平均値がどのように推移したかを表示しています。こういうのはダミーアカウントによる評価偽装や、反対に低評価ラッシュ、粘着などへの対策が重要なのですけど、現段階では解明できていません。

これはステータス画面を下にスクロールすると表示される全画像の総閲覧数グラフですが、アカウント開設直後には多かったのが、急速に減っています。これはふたつの要因があり、ひとつはアカウント開設時のチュートリアル的なギミックで画像5カットを2回、計10カットをアップできることです。新着画像は閲覧数が伸びるため、それが10カットもあれば、それなりの数を期待できます。
しかし、アカウント開設時にアップロードしたあとは12時間毎に1エントリしかアップできなくなるため、必然的に閲覧数は減少します。なぜならYouPicで表示されるのはタイムラインに表示されるフォロワーの投稿と運営のスポットライトが基本で、その他は個別のプロフィールページへ遷移するか、あるいは検索しないと表示されないでしょう。つまり、ソーシャルなどで告知する、あるいはダイレクトリンクをばらまくかしない限り、過去投稿画像は基本的に閲覧されないのです。
こうして考えると、運営ピックアップはかなり大きな意味を持っています。最初に紹介したひらぱ~氏のnote記事でも「注目するわ」と勧誘されたようで、それはこのピックアップを示しているのではないかと思います。自分もアカウント開設直後に3回ほど続けてピックアップされ、なにごとかと思っていたらそれっきりという流れでした。それが閲覧数にもあらわれています。

これは検索画面のトップですが、左上の星印は運営ピックアップのマークです。ピックアップされると検索でも上位に表示されることがわかります。正直なところ、ファボを稼ごうと思ったらピックアップされないと話になりません。

次に投稿ですが、画像の他に動画や記事も投稿できます。ただし、無課金では12時間毎に1エントリしか投稿できず、画素数や時間、文字数なども制限されます。
興味深いのは、投稿時に以下のようなダイアログが表示され、検索性を高めるよう促されることです。

Tip: We have noticed that the resolution of your photo is low. If you upload with a higher resolution, you increase the possibility for exposure and good feedback!

そして各項目を埋めていくと「発見されやすさ(Discoverability &&%)」なるパーセンテージ値が上昇するので、当然ながら100%を目指すように促されるわけです。

まとめ

 今回は特に触れませんでしたが、写真技術に関する教育プログラムがあったり(下の画像)、有料会員限定ですが写真家を紹介、斡旋する機能も備えていたりと、なかなか興味深いサービスを展開するYouPicですが、肝心のフォトギャラリ機能がいささか弱いと言うか、フォロワーが写真もタイムラインで流れてくるばかりなので、多くの写真を一気に楽しむ事は困難です。その意味でソーシャルメディア的と言うか、コメントなどのやり取りを楽しむことに力点が置かれているのかもしれません。もちろん、英語などでやり取りができれば、の話ですが。
ともあれ、興味深いサービスではあります。既に数年の運用実績もあり、世界的に著名な写真家もアカウントを開設しているので、相性が良さそうなら腰を据えて楽しめるサービスではないかと思います。