ニコン F マウント マイクロフォーサーズ マウントアダプタ(ELEFOTO)

ELEFOTO(エレフォト)製のニコンマウント(Fマウント)レンズアダプタマイクロフォーサーズボディ用を購入しました。これは旧版で、現行品はレンズマウント側の縁部やリリースノブにローレット加工が施された他、ロゴなどもプリントへ変更されているようです。

アダプタそのものを説明する前に、まず「ニコンマウント」についてごく簡単に説明します。ニコンの一眼レフカメラは(ミラーレスカメラやレンジファインダーカメラは一眼レフカメラと異なります)、銀塩カメラもデジタルカメラもNikon Fマウント(ニコン公式表記)を採用しています。このFマウントは新旧各機種の間で「多くの互換性がある」ため、いちおうひとつのマウントとされています。とはいえ、長年に渡るカメラの発展や多機能化に伴って様々な改良が加えられた結果、物理的にレンズが装着できたとしてもボディ側の機能が大きく制限されたり、あるいはそもそも物理的にレンズが装着できない組み合わせも発生しました。
詳しくはこちらのサイトをご覧ください。かなり複雑な有様であることが、よくご理解いただけると思います。

決定版(?) ニコンFマウント解説 (By キンタロウ)

さて、このアダプタにおけるニコンマウントとは、いったいどの時期のどのようなマウントなのかという問題ですが、それはニコンFが採用していた最初期のFマウントでした。つまり、マウントにカメラボディとの物理的、電気的な情報交換部はありません(当初のFマウントはレンズ鏡胴に露出計との接続爪を備えていました)。
そのため、このアダプタそのものも単なる金属のリングで、可動部もレンズマウントのストッパがあるだけです。また、情報交換部を持たないがゆえに、絞り環をもたないGタイプレンズを装着した場合は、常に開放となってしまいます(ただし、これとは別に機械的な連結機能を備え、絞りを制御できるアダプタも市販されています)。

このように、仕組みとしてはシンプルなので、製品の質を左右するのは剛性や可動部の滑らかさ、加工精度となります。その点、このアダプタは非常にしっかり作られており、レンズやボディとの着脱も気持ちいいほどがっちり、かつスムーズです。
あえて難点をあげるなら、全体にツルッとなめらかなので、いささか力を入れにくく感じることもあるか、ないかと言ったところです。ただ、それも現行バージョンではローレット加工などが施されておることから、ある程度は改善されているようです。

マイクロフォーサーズ規格ですと、素子サイズの関係からレンズの実効焦点距離が2倍となってしまうため、銀塩時代やフルサイズセンサー用のレンズは使いにくく感じるところがあるかもしれません。しかし、考えようによっては標準から中望遠域のレンズが軽量小型の望遠レンズとして使えるので、機材をコンパクトに収められるかもしれません。しかも、レンズの開放値は変わらないので、手軽に大口径望遠レンズを楽しめるとも言えます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です