山本雅紀写真展「我が家 2」と馬場さおり作品展「その男, 彭志維 (ポン・ツー・ウェイ)」

Z5_7Artsans35mm_0297

なにかと慌ただしい日々が続いていたものの、ふっとスキマ時間ができたので、非常に対照的なふたつの写真展をはしごした。

最初に鑑賞したのはニコンサロンの山本雅紀写真展「我が家 2」で、久しく訪れていなかったサロンやサービスセンタの変化にとまどいながらも、静かなギャラリーで落ち着いた気分で作品と向き合えたと思う。
作品そのものはモノクロの家族写真で、内容としては作家が自身の家族を素早く無遠慮に撮影した飾らない日常を大きく伸ばしたプリントが展示の柱となっていた。
作品に描き出された楽しげな家族の姿は、誰もが祝福せざるをえないような暖かみに満ち、鑑賞者の心を優しく包み込むような雰囲気を放っている。ただ、そこには豊かとはいえないものの落ち着いた暮らしを営む、家族の愛情やぬくもりといった、ほとんどクリシェすれすれの通俗性や予定調和的な甘ったるさが潜んでいて、そういった「誰もが安心して受け止められるイメージ」をさらに発展させる面白みについても、さらに深く追求してよかったのではないかと思う。

次に鑑賞したのはソニーイメージングギャラリー銀座の馬場さおり作品展「その男, 彭志維 (ポン・ツー・ウェイ)」で、日雇い現場を渡り歩きながらふたりの娘を育てる単身父親の日常だった。
作品は仲の良い父娘の姿と現場を渡り歩く父親の日常を描いているが、そこには暖かみの背後に経済的な困難も垣間見え、ややもすると鑑賞者の心をざわつかせる不穏な雰囲気を放っている。そして、豊かとはいえないものの必死に働き、家族を養う父親の姿からは、愛情やぬくもりと同時に家父長的な責任感や息苦しさすら感じられるかもしれない。そればかりか、現代の日本では男だから父親として家族を養うといった、かつての通俗性や予定調和的な価値観は拒否されつつあり、時代遅れのイメージとなっている。
しかしながら、作家自身がその「古臭い価値観」に注ぐ眼差しは暖かく、そして優しい。それは、当事者に寄り添いつつ客観視する作家のバランス感覚によるものであろうが、それが作品に重層的かつ強い魅力をもたらしていると思う。

どちらも素晴らしい展示なので、多くの人々に会場へ足を運んでいただきたいと願う。