SHOTEN 電子マウントアダプター NAF-m43

 

SHOTEN工房の電子マウントアダプタ「NAF-m43」を購入しました。

焦点工房の販売サイトはこちらです。
SHOTEN NAF-m43(AF-S NIKKORレンズ → マイクロフォーサーズ マウント変換)電子マウントアダプター AE/AF撮影可能

販売サイトの説明には「モーター内蔵のAF-S NIKKORレンズをマイクロフォーサーズ規格のミラーレスカメラで使用するために開発されたAE/AF撮影が可能な電子マウントアダプターです」とあります。
キヤノンEFマウントには、すでに同様のAE/AFアダプタがいくつかあるので、待望のニコンマウントAE/AFアダプタです。

開梱すると、なんとなく高級そうな巾着の下から、プラ袋に入ったアダプタが出てきました。流石に写真はパスしましたが、アダプタの内から乾燥剤の小袋が出てきたときには、ちょっと笑ってしまいました。いや、実用的で良いと思いますけどね。

ネットのレビューにはAFの速度や精度、さらにレンズとの相性についてあれこれ書かれていますが、とりあえず手持ちのAF-Sニッコールで試しました。アダプタはレンズ鏡胴に似せて梨地っぽく塗装されてて違和感なく、デザイン的な一体感はなかなかのものです。

やや太めのレンズでも、こんな感じに収まります。

アダプタ本体の下は三脚座になっていて、駆動部かなにかが収まっているようです。このへんは他のAE/AFアダプタでも同様ですね。

ということで、さっそく撮影しましたが、ほかのレビューでも指摘されているようにAFはいちおう使えなくもないレベルですね。もちろん、昔のAF…例えばミノルタα7000とかニコンF501などに比べると、まぁだいぶマシなのですが、比較対象がそのへんというか、現代の爆速高精度AFはもちろん、個人的には銀塩カメラ末期のα9やF5にも負けてる感じはします。測距位置の選択などは度外視しても、ですよ。
辛いようですが、しっかり光を当てているポートレート撮影でも迷うときは迷うし、またレンズの最短撮影距離には余裕がある程度の被写体だと、手前でとまったまま合焦不能となることもありました。厄介なのは迷ったり合焦不能となる条件の見当がつきにくいことで、暗くてもすっと合うときは合うし、先の例みたいに合わないときは合わない。また、微妙に前ピンで止まってたこともあり、動体撮影まもちろん、ストリートでも歩留まりは悪そうでした。
ただ、それでもAFはあるに越したことはなくて、広角や超広角だとEVFはピン山をつかみづらいため、ぼんくらでも使える意味は十分にあると思います。今後のファームアップでAF精度の改善も期待できなくはないですし、割り切って使う文には良いのかもしれません。

また、その他にもレンズの着脱がかなり渋かったり(それでもゆるいよりははるかにマシですが)、カメラの電源を落とすと最近接に寄ってとまる奇妙な挙動もあり、もう少し熟成が必要な感じはします。

もちろん、露出や撮影データの記録は大いに役立ちますし、効き具合は曖昧ながらも手ブレ補正も動作はしているようです。
ですから今後の改良に期待しつつ、最後に撮影画像をみてみましょう。

PenF_1337
PenF_1333
いろいろ厳しいことも書きましたが、各種アダプタの改良は進んでいますし、全体的には期待できる製品ではないかと思います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です