中国製 21mm 外付け光学ファインダ LEILA

eBayで中国製の格安ファインダを買ってみました。出品者の説明には画角21mmでRicoh GR GR2 GRDやFuji X70、Sigma DP DP1sなどの広角コンデジに使えるということでしたが、下の方には「フレームラインがありません、視野は丸く表示されます」なる、きな臭い注意書きもあります。
とはいえ送料無料で6千円弱ですから、コシナの中古と比べても半額程度というお手頃感です。これがライカだと中古と比べても3割程度、モデルによっては1割以下のお値段ですから、まぁ安物買いのなんとやらでもポチッちゃいますわな。

というわけで、落札から2週間するかしないかのうちに届いたのが……。
これです!

おしゃれな缶に入っていました。

eBayではノーブランドの無印でしたが、到着したファインダにはLEILA 21mmなる怪しい表記がはっきりと!
ちなみにクラプトンの「いとしのレイラ」はLaylaですから、これはやっぱりライカ(Leica)が元ネタでしょう。字体もどことなくライツ・ノルム(leitz-norm)っぽい感じで……。

というわけで、かなぁり好意的に表現してもパロディ商品なのですが、さてその実力やいかに?
いやまぁ、実力と言ってもフレームラインもないほぼほぼ素通しの光学ファインダですから、クリアに見えさえすればそれでいいんですけどね。


正直なところ、見た瞬間に「こりゃ魚眼だわ」ってなところで、気休め程度にもなるかならないか。なにしろ歪曲がひどくて水平も垂直も取りにくく、もちろん視野も雰囲気程度です。とはいえ、それでもないよりはマシなのは確かで、構図が決めやすくなるのは間違いないです。
歪曲のひどいファインダといえば、ロシアレンズのルサール用がありますけど、あちらの後期型はそれでも視野が四角かったので(初期の丸型ファインダは使ったことがありません)、見え具合はこのレイラよりマシでした。
ただ、ルサール用の角型ファインダはこのレイラよりも二回り近く大きく、近距離用の視野補正カムがついているのはいいんだけど、すぐにずれて視野も狂うという面倒くささがあったため、個人的には小さくて可愛らしいレイラのほうが好みだったりします。

MDaに乗せたら、こんなに可愛らしいですしね。

というわけで、しばらくはMDaとルサールの広角スナップを楽しもうと思います。


“中国製 21mm 外付け光学ファインダ LEILA” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です